東京・上野動物園のジャイアントパンダ2頭の日本名が9日、決まった。
オスが「リーリー」(漢字名:力力)、メスが「シンシン」(漢字名:真真)。

来日にあわせて、と動物園でが2頭の日本名を公募したところ、4万438件の応募があった。
命名選定委員会で応募数の多かった名前100点を対象に選考を実施した結果、オス・メス各4点の名前を最終候補として審査し、「リーリー」(応募数は359件)、「シンシン」(同127件)に決まった。
もともとパンダの中国名はオスが「比力(ビーリー)」、メスが「仙女(シィエンニュ)」。
国内名決定理由は、「リーリー」が活発で力持ちのイメージ、シンシンは「純真」「天真」などの優しいイメージだった。


さらに今月22日の午前中に記念式典が開催され、午後1時から一般公開されるとのこと。