メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
「e-うえの」mobile
e-うえのmobile
ケータイからのアクセスでは自動的に専用の画面が表示されます。
トップ  >  上野の名所旧跡  >  時の鐘
 東照宮脇の忍坂上に時の鐘があり、現在でも朝六時、正午、タ六時のご一回、鐘が打たれている。
幕府は江戸城中から、市内に生活の根拠となる時間を知らせたが、日本橋石町などに時の鐘を造り、徹底がはかられた。
上野の鐘は、寛文六年(1666)柏木大助が幕府の許可をえて奉納したもので、数度の改鋳の後、現在のものは天明七年(1787)谷中成応寺(現天王寺)で改鋳されたものである。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:299 平均点:4.25
前
清水観音堂
カテゴリートップ
上野の名所旧跡
次
天海僧正毛髪塔

ミニカレンダー (piCal)
前月2017年 11月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
<今日>
11月22日 の予定 (piCal)
予定なし
最新ニュース
最新のエントリ
新着ダウンロード
ようこそ!うえのパンダ

上野はパンダでいっぱい!!

安全への取り組み


詳しくはコチラ をご覧ください。
Google TRanslate
桜守の会

うえの写真特派員
うえの不忍池カエル

Ueno Shopping street federation
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project