メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
「e-うえの」mobile
e-うえのmobile
ケータイからのアクセスでは自動的に専用の画面が表示されます。
トップ  >  上野の名所旧跡  >  大仏山
 時の鐘と相対した丘はかつての大仏殿のあった所で、現在、大仏の顔が安置してある。大仏は寛永八年(1631)粉土製の大仏を越後村上城主堀直寄が建立し、その後、木食浄雲という僧により青銅の大仏が造られた。
大仏は、地震や災害で首が落ちるたぴ、めげず復元されて、関東大震災で破損するまで鎮座していた。
昭和四十二年、白亜の塔パコダが建立されたが、それはここを東京大仏再建への大願成就の拠点とするためでもあった。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:162 平均点:5.56
前
王仁博士碑
カテゴリートップ
上野の名所旧跡
次
両大師と元三詣

ミニカレンダー (piCal)
前月2017年 4月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<今日>
4月27日 の予定 (piCal)
予定なし
最新ニュース
最新のエントリ
新着ダウンロード
ようこそ!うえのパンダ

上野はパンダでいっぱい!!

安全への取り組み


詳しくはコチラ をご覧ください。
Google TRanslate
桜守の会

うえの写真特派員
うえの不忍池カエル

Ueno Shopping street federation
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project