メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
「e-うえの」mobile
e-うえのmobile
ケータイからのアクセスでは自動的に専用の画面が表示されます。
トップ  >  上野の名所旧跡  >  旧因州池田屋敷表門
 国立東京博物館の庭の表慶館脇の旧因州池田屋敷表門は、国重要文化財に指定され、昭和二十九年現在地に移築された。この門は麹町にあった池田藩の表門で、明治二十四年芝高輪に移され高輪御用邸の表門に使用されていたものだった。

 長屋門の名称は、長屋造りの一部に門を設けたもので、潜戸を作り、出番所を門の左右、あるいは一カ所に設けるなど特徴があった。そして、江戸時代は、屋敷の表門をみただけで、その屋敷の主人の地位が分かるようにもなっていた。

 この表門は入母屋造り、本瓦葺、唐破風、両番所が設けられており、江戸末期の造りだが、池田藩三十二万石の武家屋敷表門として格調高い様式を備え、保存状態も極めていい。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:271 平均点:6.05
前
上野東照宮
カテゴリートップ
上野の名所旧跡
次
寛永寺表門

ミニカレンダー (piCal)
前月2017年 7月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<今日>
7月25日 の予定 (piCal)
予定なし
最新ニュース
最新のエントリ
新着ダウンロード
ようこそ!うえのパンダ

上野はパンダでいっぱい!!

安全への取り組み


詳しくはコチラ をご覧ください。
Google TRanslate
桜守の会

うえの写真特派員
うえの不忍池カエル

Ueno Shopping street federation
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project